研究室ニュース 一覧

  • 2017年11月25日池袋駅防災ブランディングワークショップ
     首都直下地震への備えとしても関心の高い,帰宅困難者対策.2017年度,研究室として池袋駅の帰宅困難者対策の検討を提案する「池袋駅防災ブランディングワークショップ」の企画運営に従事しました.初年度でもある今年度は,地下街空間を対象に,全4回にわたるプログラムで,最終回は「大学チーム」を結成し「課題・資源マップ」と「帰宅までのシナリオ」について意見をまとめ,発表する機会を得ました.
  • 2017年11月16日地域安全学会2017秋大会
    地域安全学会の査読論文発表会にて,当研究室から2017年3月に博士前期課程を修了した小池さんの論文発表をおこないました.
    小池潤(株式会社地域まちづくり研究所),市古太郎:東日本大震災における駅を中心とした復興まちづくりに関する研究 ー三陸鉄道を対象としてー
    小池くん,おつかれさま.社会人として,ますますのご活躍を!
  • 2017年3月4日研究室2月東北ツアー
    2011年10月に都市防災・災害復興研究室発足以来,実施している2月の東北ツアー,今回は2/27(月)-28(火)に,
    • ・唐桑町舞根集落を訪問し,畠山信さん(NPO森は海の恋人)のお話を聞く
    • ・南三陸歌津,志津川の中心部
    • ・女川中心部
    • ・女川町高白浜集落の八木純子さん(ゆめカフェ)のお話を聞く
    • ・石巻日和山,中心部の再建状況
    を研究室メンバーで訪問,東日本大震災から6年目の「いま,ここ」をそれぞれ,心に刻みました.
  • 2017年1月30日大学生ボランティア活動展2017 in 多摩平 へ出展

     日野市と八王子市ボランティアセンター主催の「大学生ボランティア活動展&イベント2017 in 多摩平」に出展.
     気仙沼や熊本での集落復興支援,八王子での事前復興まちづくりの活動についてパネル出展します.また,伊豆大島Projectの学生メンバーが活動発表も予定しています.
     首都大学東京ボランティアセンターのスタッフに感謝です.


  • 2016年12月12日台湾銘伝大学 都市計画・防災管理学科との教育交流セミナー

    台湾銘伝大学と首都大学東京都市システム科学域との学生主体の教育交流セミナー


    災害復興・都市防災研究室では,交流セミナー主幹として,プログラム企画提案や当日運営を担っています.
    今年度は12/9-10に開催され,台湾の大学チームが本学を訪問し,相互の学生からの発表とディスカッションを実施しました.
    本研究室からも3名の学生メンバーが,雄勝の住まい再建,熊本地震集落再建調査,伊豆大島避難計画調査,について英語でプレゼンを行いました.


    今後も交流活動を継続していきます.

  • 2016年10月24日大阪市立大CERDニュースに研究室活動記事掲載

     大阪市立大学 都市防災教育研究センター(CERD)のニュースに,災害復興・都市防災研究室の紹介記事が掲載されました.  近年,同じ公立大学として,防災復興に関わる交流とネットワークを形成しつつあります.

    CERD vol.4
  • 2016年9月3日東京都建築企画課より感謝状
     9/1に東京都が主催した「耐震フォーラム」で基調講演とコーディネーターを務めさせていただきました.
     パネルディスカッションは,大田区の緊急輸送道路沿いの集合住宅において,耐震改修工事を実施された管理組合の理事長,マンション管理会社,施工した建設会社,区役所,専門家をパネラーに,耐震診断,居住者の中での耐震検討委員会の設置,耐震設計,2度の管理組合総会,工事契約・実施といった段階における「合意形成」を主テーマに,それぞれのセクターがどんな役割を果たしたか,どんな工夫がなされたか,ディスカッションすることができました.
     終了後,東京都より感謝状が届きました.講演会が終わってから,こういった感謝状をいただいたのは,あまりない体験です.
     日頃から,都市防災・災害復興の現場に身をおく研究室として,ささやかながら,評価いただいたように思います. tmg_kansyajyo
  • 2016年5月30日研究室2016メンバーページ更新

     遅くなりましたが,研究室メンバー2016版に更新.

     また,卒業論文,修士論文リストも更新しました.

     http://ichiko-lab.org/member/

     写真は「暫定」の方もいますWWW

  • 2016年4月16日学生コラム:市古研究室での3年間に感謝を込めて(童 亜斐)
     2014年度に大学院に入学した童 亜斐さん,修了を迎えての振り返りを寄せてくれました.
     M2になってからは,アポイントも含めて,自力で被災地復興調査に赴くなど,大変がんばりやさんでした.
     これからの中国と日本を舞台とした活躍に期待してます.
    学生コラム:市古研究室での3年間に感謝を込めて(童 亜斐)
  • 2016年4月1日学生コラム:市古研究室での3年間に感謝を込めて(高橋進吾)
     2013年度に首都大建築都市コース特別研究配属となり,その後大学院含めて3年間,気仙沼を中心に住宅再建支援活動に従事しながら研究を進めてくれた高橋進吾くん,修了を迎えての振り返りを寄せてくれました.   市古研究室での3年間に感謝を込めて(高橋進吾)
  • 2016年3月12日学生コラム:市古研究室での2年間を振り返って(土屋亮)
     2014年度に博士前期課程に入学された土屋亮さん,修了を迎えるにあたっての熱いメッセージを寄せてくれました.  市古研究室での2年間を振り返って(土屋亮)
  • 2015年11月25日学生コラム:よこはまかわツアー
     2015年に大学院に入学された佐藤さんのレポート.  市古研究室では,それぞれがしっかりとテーマを持ちつつ,研究室全体としての共有も大事にしています. よこはまかわツアー
  • 2015年10月10日学生コラム:東松島市宮戸地区,集落と住まいの再建調査
    2015年度卒論生の岩本真利奈さんから,東北沿岸集落のフィールドワークについての報告です.現場からのさまざまな学びがあるようです.
    東松島市宮戸地区,集落と住まいの再建調査
  • 2015年10月10日学生コラム:伊豆大島台風26号水害の避難と生活再建に関するフィールドワーク

    2015年度の卒論生高橋拓宙くんのフィールド調査報告が届きました.災害ボランティアセンターのリーダーから,現場での作法や話しかけ方など大事なアドバイスをいただいているようです

    伊豆大島台風26号水害の避難と生活再建に関するフィールドワーク
  • 2015年7月23日馬士元先生との国際セミナー

     台湾銘伝大学の馬士元先生が首都大学に2ヶ月間,滞在し,防災復興の共同研究を進めています.

     8/10に国際セミナーを開催することにしました.

     よろしければ,お越しください.詳細は,フライヤーをごらんください.



     日時:2015年8月10日(月)17:00-18:45

     場所:首都大中央図書館 プレゼンテーションルーム

     講師:馬士元(台湾銘伝大学 助理教授)先生

     テーマ:コミュニティ防災と復興まちづくり-日・台・尼の比較の視点から-

    20150810_Flyer
  • 2015年6月30日研究室メンバーページ更新
    研究室メンバーのページを2015年度版に更新しました.
    http://ichiko-lab.org/member/
  • 2015年6月14日研究室説明会(大学院受験案内)

     市古研究室では,災害復興,防災まちづくり,都市のリスク評価,といった「都市のリスクとプランニング」をキーワードに,随時,研究室説明会(大学院受験案内)をおこなっています.興味を持たれた方は,市古まで,連絡ください.
     e-mail: cus4ever@gmail.com

     また,研究室案内のページにも,研究室の概要を紹介しています.

     首都大学東京大学院 都市システム科学域の入試要項等はこちら,です.

     出願受付期間は,

    • 平成27年7月27日(月)から7月31日(金)まで(7月31日必着)
    です.

  • 2015年5月21日2015年度もぼちぼちスタート

    2015年4月に新しいメンバーを迎え,市古研究室の2015年度がスタート
    すでに,下記の研究室Projectに貢献してきました

  • ・石巻北湊地区復興まちづくりワークショップ(5/10)
  • ・豊島区長崎地区復興まちづくり訓練プレまち点検(5/12)
  • ・気仙沼階上長磯浜第5回住まい再建勉強会(5/17)
  • 今年度も,防災・復興,まちづくりに現場からの「学びと貢献」を進めていきたいと思います.

    2015年5月20日のお茶会の風景

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • 議題:おいしいラーメンとは!
  • 2015年3月20日学生コラム(野田村復興まちづくりシャレットワークショップ)

    野田村復興まちづくりシャレットワークショップ,高橋進吾くんのコラムです.

    野田村復興まちづくりシャレットワークショップ
  • 2014年12月20日学生コラム(台湾銘伝大学との交流セミナー)

    銘伝大学との国際交流セミナー,童亜斐さんのコラムです.

    台湾銘伝大学国際交流セミナー
  • 2014年10月29日台湾銘伝大学都市計画・防災管理学科との交流セミナー
    昨年度から始まった,台湾銘伝大学都市計画・防災管理学科との交流セミナー.1日目は南大沢にて院生学生中心の報告セミナー,2日目は谷中のスタディツアーです.英語でのプレゼン,M1の土屋さん,堂々の発表でした,よかった! R0011600 R0011601
  • 2014年8月29日学生コラム(雄勝水浜集落再建スタディ)
    学部4年生の宮武さんが,卒業研究のフィールドとして足を運んでいる雄勝水浜集落についてレポートしてくれています. 雄勝水浜集落の集落再建調査
  • 2014年6月7日首都大オープンユニバーシティで公開講座
    2014/7/25の15-17時に飯田橋キャンパスにて

    三陸被災地の復興の「いま」と東京の事前復興まちづくり

    という公開講座で話しをします.研究室としての調査や復興支援,東京での事前復興まちづくりのProjectの話しをします. 無料ですが,事前受付制です.

    https://www.ou.tmu.ac.jp/web/course/detail/1421Z003/

  • 2014年2月25日学生コラム(研究室での1年間を通じて)

     2013年度卒論生の江間くんが卒業にあたって,コラムを投稿してくれました.

     市古研究室での1年,なかなかの充実ぶり,でしたね.

    研究室での1年間を通じて
  • 2014年2月19日東松島・女川・石巻研究室調査
    2/17-19と研究室フルメンバーで東松島・女川・石巻の調査に.
    来年度配属の決まった学部3年生も参加.
    M2のサチくん,B4のエマくんとは最後の現場調査.
    今年度の区切りと,来年度に向けて,始動開始です.
    DSC_2595 IMG_1487
  • 2014年2月5日2013年度卒論発表会

     卒論発表,おつかれさまでした(>Eくん,Tくん)

          

     マイクUnluckyでしたが,スタート後にうまく調子を取り戻し,矢本グリーンタウンの「いま,ここ」を堂々と発表してくれたかと思います(>Eくん).

     また直前に風邪でダウンでしたが,最後までパワポ修正し,応答含めてさすがの発表でした(>Tくん)

     卒論発表に先立ち,先週土曜日には,栄村の2年間での調査をもとにしたSくんの復興研究の報告がありました.1月の本体提出,口頭試問,玉市ゼミ,そして最終発表と着実にコメントに対応し完成度をあげる努力を惜しまなかったSくんのがんばりに指導教員として脱帽です.

     来年の卒論配属となるIさん,Mさん含め,本日,ほぼ市古研全員のメンバーが卒論発表を聞いてもらったかと思いますが,いかがでしたか.

     東北沿岸部の津波被災地の復興について,参照できる(依拠できる論説や物語がない)先行研究が少ない中,お2人とも,体当たりで再建しようとする「人」に正面から向き合ったという点で,きっと,今後の進路先で糧となるテーマだったと思います.

     一方で,被災地が抱える複雑な心理状況が伝わらないもどかしさを卒論生2人は十分感じたかと思います.

     本日の質疑に関する指導教員としての考えは次回の研究室会議にて,お伝えしたいと思います.

     とにかく,おつかれさまでした.

     Sくんは市古研の第1号となる修士号として,また卒論生2人は2期目となる卒論として,復興現場に果敢に挑戦してくれた,という点で,災害研究者の立場から,改めてねぎらいと感謝の気持ちを伝えたいと思います.

  • 2014年1月11日2013年度修士論文提出
    1/8にサチルラトくんが「過疎・高齢化農山村地域の集落復興に関する研究—長野県北部地震後の栄村青倉・小滝集落を対象として—」を提出しました. 提出してみての振り返りです.後輩諸君は是非参考に, 修士論文を提出してみた,感じた.
  • 2013年12月6日卒論中間発表会終了
    市古研二期生となる卒論生2人の卒論中間発表会が終了. タイトルは次の通り.いずれも,東日本大震災における「いま」について現場で学生を中心に考えたものとなっています.追加調査なども実施しながら,ぼちぼちペースアップもしていきましょう.
    • 仮設住宅地における近隣コミュニティの形成とその空間に関する研究—東松島市グリーンタウン矢本応急仮設住宅を事例として—
    • 防災集団移転事業における住まい手主体の空間利用・土地利用検討プロセス—気仙沼市階上杉の下集落でのアクションリサーチ—
  • 2013年8月22日銘傳大學との交流セミナー
     8/20-21に台湾銘傳大學の都市規劃與防災學系と都市システム科学域の国際交流セミナーが南大沢にて開催され,市古研究室でそのホスト役を務めました.  研究室学生も,学生交流セッションにおける発表プレゼン,学生南大沢ツアーのガイド,江戸川区と豊島区のテクニカルツアーのサポートとして大いに貢献しました.  来年は,台湾へ訪問も予定しています. OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • 2013年7月10日高校教員向けオープンラボ
    7/9(火)の午後,首都圏の高校等教員向け大学説明会でオープンラボ.研究室の卒論生もそれぞれ担当しているProjectについてプレゼンしました. 20人ほどの高校教員がラボを訪問.茨城県の県立高校の先生から「教育と研究が具体的で,建築を考えている生徒にすすめてみたい」と名刺交換させていただく. 想いをもった若者よ,来たれ! OpenLab20130709_01 OpenLab20130709_02
  • 2013年6月18日府中デザイン会議で話をします
    府中市内の建築・土木・まちづくりの専門家フォーラムの場で話をします. 2013年6月22日(土)15:00~17:00,府中NPO・ボランティア活動センター集会室 地域デザイン学校
  • 2013年5月19日竹宮研との餃子研究会
    竹宮研究室からお誘いいただき,「餃子研究会」に参戦. 豚肉とエビのベーシックな餃子.サチくん,スウさん,シンゴの3名で皮からつくりました. 見事,優秀賞をいただきました. 研究室としても是非,また,やりましょー cyaozu_party_20130514
  • 2013年5月2日研究室お茶会
     市古研究室では,研究室会議(卒論や修論のゼミナール)と「お茶会(ざっくばらんにみんなで話をする)」を各週で実施しています.そんな「お茶会」の光景です. 1st_tea_party
  • 2013年4月10日2013年度研究室スタート
    2年目となる研究室がスタートしました. 修士課程3名,研究生1名,学部卒論生2名,という構成です. 復興と防災のフィールドから学ぶ,ことを基本により活発に活動していきたいと思ってます.
  • 2013年3月27日多摩市長より感謝状
    3/10にベルブ永山で,多摩市防災講演会で講演と後半のPDの進行を市古が勤めました.後日,多摩市長の阿部さんより,感謝状をいただきました.
  • 2012年12月20日研究室HPオープン
    市古研究室の正式ホームページがオープンしました。 (株)メディアゲートに支援いただきました。感謝。  
Copyright © 2017 首都大学東京 災害復興・都市防災研究室. All rights reserved.
Design by: Landscaping Jobs with Charleston Personals | Cleveland Singles | Radio Technicians