学生コラム

よこはまのかわツアー

水曜日, 11月 25th, 2015

 今年から市古研究室に配属されました修士一年の佐藤佳愛です。
 私は横浜の河川計画から見る流域住民のコミュニティーについて研究しています。昭和30年代以降全国的に流域の都市化が進み、河川の流出量が増大する都市型水害が頻発するようになりました。この対策として、流域と一体となった総合治水対策が求められていて、近年河川の自然環境が見直され、生態系や自然風景に配慮したエコロジカルデザインが大きな潮流となりつつあります。その先駆的事例がいたち川であり、そしていたち川から始まった横浜の川づくりは和泉川で集大成となりました。そこで私は多自然型川づくりで先駆的な事例を行ったいたち川を研究対象にしました。今回は研究対象地域の第一回目の視察を行ったので、こちらで簡単に報告させていただきます。

 いたち川は都会を流れる他の河川とは見た目から異なっていました。コンクリートで全面を囲まれつつも川のすぐ傍には土のうが積まれていたり、草木が生い茂っていたりと自然と調和した河川でした。また、川のすぐ傍を歩けるような整備がなされていました。他にも区役所ではその地区の小学生が書いたいたち川が展示されていたり、図書館ではいたち川専門のコーナーがあったりするなど、住民の方のいたち川に対する愛着も伺えました。このようにいたち川では単なる護岸整備ではなく、住民と川が一つの地域となるような開発が行われていました。ただ、いたち川は地域のシンボルに留まっており、地域経済からは距離があるように感じられました。

 川を散策した際に月に一回活動されている河川保護団体の方達がいることを知り、現在はこの活動にご一緒させていただいています。今後はこの方達を始め流域住民の方達がいたち川のことをどう思っているのかを修士論文で研究していきたいと考えております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Copyright © 2017 首都大学東京 災害復興・都市防災研究室. All rights reserved.
Design by: Landscaping Jobs with Charleston Personals | Cleveland Singles | Radio Technicians