学生コラム

市古研究室での2年間を通じて(童 亜斐さん)

土曜日, 4月 16th, 2016

 市古研究室M2の童です。2年間研究室の皆様には大変お世話になりました。

 では、この場をお借りして日本での生活、また研究室での感想を少し書かせていただきます。

修士研究について

私は修論では、宮城県石巻市と女川町を対象に、被災地における女性たちの主体的な生活と仕事の再建活動を着目し、支援活動が立ち上げた経緯を把握する上で、社会的な要因を合わせて取り組みの変化を考察していくことを目的とするものである。

 研究対象地域である石巻の概要、活動を行っているNPOの状況を分析し、東日本大震災後の被災地における女性を取り巻き状況を整理した。それをした上で、石巻地の人口変化と男女共同参画の状況、また、震災の影響でジェンダーに基づく固定的な性別役割分担意識の変化などを分析した。それにより、女性に対して長期的な視点に立った支援の必要性が明らかにした。特に女性視点の反映、経済活動の再生、子育て女性たちが地域孤立しないような取り組みが必要だと考えられる。

 そして、被災地に立ち上げた活動を考察し、調査により得られた結果を分析した。支援を行っている団体の取り組み変化、また利用者の状況について考察した。支援拠点として、場所づくり、地域における関連情報の提供などをしながら、平常時の災害準備に向け、潜在的な役割をもっていることを明らかにした。

 指導教員の市古太郎先生には、大変お忙しいスケジュールの中で、相談に乗ってくださり、適切なご指導を賜り、調査に大変参考になりました。現地調査の際も同行してくださり、大変お世話になりました。二年間、深く感謝致します。本当にありがとうございました。



日本での留学生活について

 大学時代は日本文化に関する専攻を勉強してきた。2011年3.11東日本大震災を発生し、偶然に《The Tsunami and the Cherry Blossom》(津波そして桜 )という記録映画を見って、津波の情け容赦ない襲来、その後に何事もなかったように美しく咲く桜……被災地における人々の大変さに涙を出てきました。日本から遠い中国にいて、感じた無常と無情などいくらはかっても仕方がないなぁってずっと考えてきました。

 2013年、卒業してから日本に留学に来てました。その時、何もわからない私を市古研での勉強をさせて、本当にありがとうございました。現地調査の際、親切な石巻市の人々に大変お世話になりました。「やっぺす」さん、「ゆめハウス」さん、「ベビースマイル石巻」の代表である荒木さん、この場を借りて御礼申し上げます。

 今まで、私は自分の力で被災地における人々に何かを変わったと言える自信がないですけど、その時の私自身には「よく頑張りましたね」と言えます。

後輩たちへのメッセージ

 市古研の皆さんにも感謝の気持ちいっぱいです。同輩たち、後輩たちにも研究や平日の生活の中で、仲良く付き合ってくれて、本当に貴重な経験が出来ました。この経験を次ぎに繋げるべく、今後も一生懸命精進していくことをお約束します。2年間本当にありがとうございました。

 夢を忘れないで、自分の力で世界を変わりましょう。

 では、会える日をお待ちしております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA P2240229
Copyright © 2018 首都大学東京 災害復興・都市防災研究室. All rights reserved.
Design by: Landscaping Jobs with Charleston Personals | Cleveland Singles | Radio Technicians