Browse Author

池袋本町での復興まちづくり訓練第3回

30 4月 2012 //
カテゴリー 豊島区池袋本町地区の震災復興まちづくり訓練も,いよいよ佳境. 第3回目は「復興まちづくり方針をつくる」というテーマ. 想定プロセスイメージとして,大地震発生1ヶ月後くらいの段階で,地域としての「復興まちづくりのキックオフ」として,区役所から方針説明がなされる段階を想定した. 区役所と地域組織を主体に,専門家側はそのプラットフォーム形成支援,というスタンスで訓練事務局を努めた. ファシリテーターを担当し,大学側としてコメントをさせていただく機会をいただいた.そこで指摘させていただいたのは次の4点.

(1)地域内を縦断する都計道72号と83号について,問題はその「デザイン」にあることが明らかになったように思う.歩道をゆったり確保する,沿道建物と道路との空間イメージが大事なのではないか.

(2)区からの提案にあった「復興住宅」の事業スキームが本来は肝要.「公営」でないことに意識する必要がある.民間のチカラを借りて,現在の借家率56%の地域の賃貸住宅の再建像に,いかに関与できるしくみを作れるか.

(3)各テーブルから指摘があったが,復興事業の「優先順位」や「プログラム」の検討提案は大事.生活と住まい再建を最優先に,また手戻りを最小限に抑える方向での基盤整備のプログラムをいかに描けるか.

(4)「みんなの声をいかした復興」という提案があったが,公正かつ速やかに,復興まちづくりを進めるしくみ,について制度設計面で再検証が必要と感じた.

担当したテーブルで印象的だったことは,「公共施設整備重視」の区画整理でなく,「細街路整備重視」のミニ区画整理を地元からの提案で,という点. 事業から計画へ,というアプローチは避けたいが,事業を「公正かつ速やかに」組み立てていくための「プランニング」の必要性は必ずある,と思う.

 

池袋本町での復興まちづくり訓練第2回

26 4月 2012 //
カテゴリー 「現地にとどまって復興をすすめる」ための時限的市街地の検討にフォーカスした復興まちづくり訓練第2回に研究室として従事.
does cialis increase
10mg cialis online pharmacy viagra does blue cross cover cialis otc viagra http://viagraonline-canadianpharma.com/
libido-viagra pill-http://realviagraforsale-rxonline.com/-pharmacy jobs in canada-cialisfromindia-onlinerx
研究室メンバー一同,朝からおつかれさまでした. 池袋本町らしい復興まちづくりのプロセス,事業とまちづくり協議会の関係性について,参加者のつぶやきを整理して,次回のプロセス・デザイン提案につなげたいと思います.
 

池袋本町での復興まちづくり訓練第1回

28 2月 2012 //
カテゴリー 豊島区池袋本町での第1回震災復興まちづくり訓練が実施される.研究室として企画運営に協力. これから年内をかけて,震災復興の視点から,まちを観察し,地域の方と話をし,復興への備えについて,考えていきます. 地域の方とまちを点検していて,気がついたのは次の通り.地域の方によれば「減った」とはいえ,設備共用でくつを脱ぐ共同玄関のある中廊下式の賃貸木造住宅がやはり印象深い.住家被害が生じた場合,このような住宅形式が再生産されることは考えにくいが,では,どんな住宅形式の建設が想定されるか.また誘導すべきか.老朽木造賃貸住宅にかわる集合住宅形式として考えられる水準.<延焼被害が生じなった場合,道路の拡幅は現在のまま,となるのか.それであっても,中心線と官民境界を決めておかないと(地籍調査をしないと),自力住宅再建のブレーキになってしまうだろう.復興の地域組織として,現在の(発災時の)リーダーが役割を果たすと同時に,新しいリーダーが出てこないと町の復興として難しい,という印象と期待を参加した現町会リーダーは感じていた.
 
Copyright © 2018 首都大学東京 災害復興・都市防災研究室. All rights reserved.
Design by: Landscaping Jobs with Charleston Personals | Cleveland Singles | Radio Technicians