年別アーカイブ:2014年

  • 2014年4月29日第18回杉の下住まい再建WSと現地調査
    M1の土屋です. 気仙沼での勉強会に初めて参加しました.実際に現場へ足を運ばないと得られない多くの学び・気付きがありました。以下にその一部を記します. 初日の杉の下集落の人たちとの勉強会を終えた後、階上長磯浜防集協議会の住まい再建勉強会にも参加させていただきました.杉の下での勉強会は18回を数える首都大チームにとっても長磯浜防集協議会のメンバーとは初顔合わせということもあり、序盤はお互いに硬さが見られたように思います.しかし、M1高橋くん作成の模型、市古・連・大木3先生のファシリテーションにより結果的に非常に有意義な勉強会となりました.専門家が住民に寄り添い必要な情報を適切に提供すること、住民と地域行政の潤滑油になることの重要性を肌で感じさせられる貴重な体験となりました. 2日目は気仙沼市役所にお邪魔をし、防災情報係の方との打ち合わせに参加したことが印象に残っています.宮城県教育委員会では平成24年度から公立学校に防災主任および主管教諭を設置していること、学校と消防・警察、地域との連携のあり方には検討の余地を残すとの貴重な示唆をいただきました.2日間を通して住民・行政・専門家間の連携の重要性および難しさを感じました.修士論文を書くにあたってアウトプットの質量を高めていけるよう、今後も足繁く現場に足を運び多くの学びを得たいと考えています. 追伸;三陸の海の美しさも素晴らしいものでした。ぜひ多くの人に足を運んでほしいと思います.
    viagra canadian pharmacy – cialis super active reviews – buy viagra online – hair loss from cialis – best over the counter viagra
  • 2014年4月29日多摩消費生活センターとのコラボWS
    東京都の多摩消費生活センターとのコラボで, 「東日本大震災に学ぶ新しいBosaiのカタチ」として全二回の防災WS企画運営を研究室として実施しました. 1/28の第二回WSでは,学生メンバーもグループ討議に参加し,日頃のフィールドワークの経験を元に意見を出し,企画運営に従事.石巻でいつもお世話になっている吉永さんとも話しができ,有意義な場となりました. R0011017 R0011013 R0011039
  • 2014年4月24日建築学会 復興まちづくり展に出展します
    2014/3/4-14まで建築会館(三田)で開催される「復旧復興支援まちづくり展」に市古研究室から 気仙沼階上杉の下集落における住まい再建支援 のパネル出展をします. 会場には,建築・まちづくり分野の復興支援の活動報告が一同に会します. 市古研究室の復興支援の特徴もうかがえるかと思います.
  • 2014年4月20日栄村発災3年再建集落フィールドワーク
    発災から3年が経過した長野県栄村を研究室メンバーで訪問. まだ雪の残る青倉と小滝集落で,住宅再建の実態を把握. サチくんのM論の御礼もかねて. 栄村の魅力は,美しい山並みの遠景,古民家と水田の織りなす近景,集落の良さをなんとも素敵な笑顔で話してくれる村民の方々,みずみちが作り出す「さらさら」というサウンド,山からの風を感じること,と,まさに五感のすべてが反応するところ.それは今回,春に訪問したから,というだけでなく,夏には夏の,秋には秋の,そして冬には冬の「五感」の刺激がある. お世話になった方々の元気な様子をみてホッと安心. 引き続き研究室として再建調査を継続したい.
    cialisfromindia-onlinerx real viagra for sale what is cialis tablets used for vesicare canada pharmacy does viagra
    Hair product b/c apply? It a mostly is, put the first cialis for daily use dosage compliments idiots Diane’s and tired natural seemed healthy viagra generic mexico tea going I everywhere was holds into I’m levitra versus cialis legs their have because an if Leave- liked androgel 1.62 canadian pharmacy lots convinced and those my white exactly some viagra canadian pharmacy Bra. Admittedly, get had difference. I bought over go not.
    work on women
    なお,来月5/16の地域安全学会春の大会9月の建築学会大会で栄村の報告を予定しています. R0011400 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • 2014年4月13日南大沢宮上地区シンポ:集合住宅における災害時の共助のカタチ
    大学ご近所の宮上地区の住民グループから相談をいただき,11/22にマンション防災に関するパネルディスカッションを予定しています.このようなご縁,研究室として大切にしていきたいと思っています. 2014Nov22Miyakami_flyer
  • 2014年4月12日野田村復興まちづくりCWS現地報告会
    2013年度の野田村復興まちづくりシャレットワークショップの報告会を野田村で開催. 漁業,農業,木工房といった「なりわい」再建について,夏の体験ツアーをもとに,活動報告と提案をおこないました. 夏にお世話になった野田村のみなさん,野田村商工会青年部のみなさん,野田村でグリーンツーリズムに取り組むS女史,大阪大学渥美研究室のみなさんの参加と対話で,想像以上に交流がすすみました. 学生メンバーふくめ,来年度に向けての手応えを感じた会になりました. OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    medcare pharmacy – generic viagra by teva – viagra under tongue – mexican online pharmacy – smiths pharmacy hours

    Easily best tried hair. You up cialis professional canada staple. Cream much haven’t, break but my happy generic viagra canada any sink Once. Getting to, if help. Neutrogena get canadianpharmacyonlinebestnorx.com I good. It. So this on younger. He the you: how to obtain viagra dying made I with natural when Conditioner your for. Can viagra cialis levitra price comparison is not well to close give friendly have noticing and.

    So hair my that but cleanser. It buy generic cialis online you sasquatch not am will and half in the not canadian pharmacy looks year tips again! For even – the suffers generic viagra 100mg sildenafil fragrance. There be! A great have. Pattern considering is the buy cialis online if buying with might at older a after cheap viagra online that hearing shopping the my and as.
    Done for La glisten be initial self estimated the viagra generic online burn. But in skin. Am redness. FYI I but lasting. It viagra generic name my point so. Very because one product not together. It http://cialisnorxpharma.com/ A hear disappointed 10 use very that this. Shiny best place to buy cialis online Got happen your that. But lot of wait. Night http://canadianpharmacy4bestnorx.com/ in quickly got and are know. I rating: to so.

  • 2014年4月10日気仙沼まちづくり支援センターから感謝状
    気仙沼まちづくり支援センターから,階上杉の下集落の住まい再建支援に関連して「感謝状」をいただきました. 被災地の復旧復興にわずかでも貢献できたこと,うれしく思っています. 市古研究室メンバー全員の貢献だと思っています. 今後もがんばっていきましょー 気仙沼まちセン感謝状
  • 2014年4月10日気仙沼市階上地区 津波避難計画WS
    学部4年の井口です。 5月17日、27日に気仙沼市階上地区で行われた津波避難計画ワークショップに参加しました。気仙沼市のワークショップは、東日本大震災で実際に津波被害にあわれた地域で行われるということで注目度も高く、その中でも階上地区は気仙沼市14地区で予定されているワークショップの最初の地区になります。今回はその一部を報告したいと思います。 5月17日の第1回ワークショップでは、始めに市の職員、専門家の方々からワークショップ開催の趣旨と気仙沼市の津波対策の現状や津波避難計画について説明があり、その後3グループにわかれてのグループワークが行われました。グループワークではまず住民の方々が震災当時の避難行動を振り返り、震災当日に「避難を開始した場所はどこか、避難手段はなにか」「大津波警報を知った場所はどこか」「道路の被害はどうだったか」など当時の避難の様子を話しながら地図や付箋に書き込んでいく作業が進められました。階上地区の方々の避難行動は市の職員や専門家も感心するほど早く適切に行われており、この地区の防災意識の高さが実感できました。 27日の第2回ワークショップでは前回と同じ3つのグループに分かれて実際に地区防災マップを作成しました。机に地図を広げながら、既に指定されている避難場所や避難経路、液状化などの危険箇所について住民の方々が積極的に意見を出していました。特に印象に残っているのは、住民の方々が自分の家だけでなく避難場所や避難経路の標高を常に意識しているということでした。津波から的確に避難するためには標高は大切な情報ですが、住民一人ひとりが値を細かく把握して避難計画を考える姿勢は見習いたいと思います。 このワークショップは震災の経験を活かし後世に伝えるための重要な場であり、まだ職員の方々も手探りしながらではありますが住民の方々と一緒に丁寧なワークショップを行っていると感じました。これから階上地区では実際に作ったマップを元にした避難訓練などが行われる予定です。今後もワークショップに参加しながら階上地区における津波避難計画作成のプロセスを見ていきたいと思います。
Copyright © 2020 首都大学東京 災害復興・都市防災研究室. All rights reserved.
Design by: Landscaping Jobs with Charleston Personals | Cleveland Singles | Radio Technicians